3.2 データセットの基本操作

3.2.1 簡単な紹介

データセットはデータの集合で、通常はテーブル形式で表示されます。各列は、特定の変数を表します。各行は、特定のメンバーの具体的な情報を表します。

Datavizでは、データセットはデータ表示とデータ分析の基礎となり、データセットの主な役割は、データのモデル、決定されたディメンションとメジャーを提供することです。 そのため、データセットにあるデータは、データソース内の元データで、集合や統計処理を行う必要がなく、後のデータ表示とデータ分析の段階で、データの計算処理を行うことが可能です。

データセットはプロジェクトのリソースで、プロジェクト間で使用することはできません。

3.2.2 データセットの作成

プロジェクト・リソース画面で、「データ作成」をクリックすると、データソース管理画面が表示されます。画面は次の通り。

001.png

データソース画面で、いずれか1つのデータソースを選択してクリックすると、このデータソースに依存するデータセット作成画面が表示されます。

002.gif

3.2.2.1 図形データセット

データセットのデフォルト画面は、図形ドラッグ方法で作成された図形データセットです。

(1) テーブルのドラッグ

画面の左側には、現在のデータソースにある全てのデータテーブルが表示されます。データテーブルを右側のデータセット編集領域にドラッグして、編集領域でデータセット•フィールドをチェックして選択することが可能です。

003.png

002.gif

(2) 結合の設定

データセットで複数のデータテーブルを使用する必要がある場合、引き続き必要なデータテーブルをドラッグすることができます。複数のテーブル間で結合を作成する際に、2つのテーブル間に主キー・外部キー関係が存在する場合、システムは主キー・外部キーに基づいてテーブル間の結合を自動的に作成します。テーブル間に主キー・外部キーが存在しない場合、同じフィールド名に基づいて結合を自動的に作成します。

004.gif

テーブル間の結合を自動的に作成できない場合、手動で作成する必要があります。手動で結合を作成するには、テーブルの片側にあるドット(丸い点)をクリックして、マウスの左ボタンを押したまま、別のテーブルのドット(丸い点)にドラッグし、マウスの左ボタンを放すと、結合の設定ポップアップが表示されます。結合の方法と結合フィールドを選択して、「確定」ボタンを再びクリックすると、結合の作成が完了します。

005.gif

結合のアイコンをクリックして、結合を選択した後、キーボードのDeleteキーを押して、選択された結合を削除することが可能です。

テーブル間の結合をダブルクリックすると、編集ポップアップが表示されます。編集ポップアップで結合方法と結合用のフィールドを編集することが可能です。

(3)フィールドのチェック選択

テーブルでは、必要なフィールドを選択した後、下部の領域でフィールドのデータをプレビューすることが可能です(データのロードが遅い場合、リアルタイム更新のチェックボックスの選択を取り消すことができます)

006.png

(4)カスタムフィールド

データセット編集画面では、データソースのテーブル内のフィールドをチェックして選択する以外に、テーブル内のフィールドによってデータセット・フィールドをカスタマイズすることも可能です。「カスタムフィールド追加」をクリックすると、カスタムフィールド編集ポップアップが表示されます。このポップアップでは、ダブルクリックとドラッグの操作方法で、フィールド内容領域にフィールドと関数を追加して、新しい計算フィールドを作成すること可能です。関数をクリックすると、関数の詳細説明が右側に表示されます。

007.gif

(5)フィールドタイプの変換

データセットのプレビュー領域では、テーブルヘッダのドロップダウンリストにデータフィールドのタイプ変換機能があります。この機能によって、文字列型で保存された数値フィールドは数値と日付タイプに変換されることが可能で、数値型のフィールドは文字列に変換されることが可能です。後続の計算は、変換後のタイプを基準とします。

008.png

(6)フィルター条件の設定

データセット・フィールドを下部のフィルター領域にドラッグして、データのフィルターを行うことが可能です。

009.gif

(7) メタデータの同期化

データソース内のテーブルのフィールドが変更された場合、右上隅にある「メタデータの同期化」ボタンをクリックして、メタデータを更新することが可能です。

(8) 複数のデータソース

DataVizサービスの計算リソースが十分であれば、DataVizはデータソース間のデータセットをサポートすることが可能です。使用方法について、左側のデータソースの横にある + 記号をクリックすると、データソース選択ポップアップが表示されます。1つのデータソースを選択した後、左側に新しいデータソースのドロップダウンリストが追加されます。ユーザーは、データソース名をクリックすると、指定されたデータソースのドロップダウンリストが表示されます。テーブルを編集領域にドラッグしてください。

(注意:異なるデータソースに属しているが、テーブル名、Schema、Catalogが全く同じであるテーブルをドラッグして、結合を行うことができません)

データセットに複数のデータソースからのテーブルをドラッグした後、当該データ•セットはマルチデータソース•モードになり、このデータ•セット及びそれを使用するテーブルは、カスタムフィールドを使用する時に、DataVizで提供される関数のみを使用して計算することが可能で、そして、文字列を時間に変換することはできません。

マルチデータソースの計算には、より多くのサーバー•リソースが必要です。データソース•テーブルのデータ量が多くて、サーバーの計算リソースが相対的に不足している場合、マルチデータソースのデータセットの実行は、速度が遅くなったり、失敗したりする可能性があります。

3.2.2.2 データセットフィールドのソート

データセットに基づくチャートを作成する場合、指定された順番で表示することが可能で、データセットフィールドの順番を予め設定する必要があります。

010.gif

3.2.2.3 タグ

タグは、データセットを整理するために使用され、作成されたデータセットの数量が非常に多い場合、タグを利用してデータセットを効率よく検索することが可能です。画面の右上隅にある「タグ」ボタンをクリックすると、タグ編集のポップアップが表示されます。データセットにタグを追加する場合、1つのデータセットに複数のタグを追加することが可能です。

011.png

012.png

3.2.2.4 文字型フィールドのソート

文字型フィールドのソートは、プロジェクト全体に適用されます。この「データセット」に依存する後続の「チャート」、「アトラス」、および「文字型フィルター条件リスト」のソートは、すべてデフォルトでこの順序を基準とします。ただし、この順番はデータセットのプレビューに反映されません。

フィールドのドロップダウンリストにある「ソート」ボタンをクリックすると、「カスタムソート」画面が表示されます。この画面では、「デフォルトの順番」、「アルファベット順」、「フィールド」、「手動」などのソート方法を選択することが可能です。

013.gif

ここの「フィールド」オプションは、データセット内の別のフィールドをソートの基準にすることを指します。(典型的な例:ユーザリストにユーザ番号フィールドがある場合,番号フィールドによるユーザ名のソートが可能です)

3.2.2.5 詳細なフィールド項目の定義

フィールドのドロップダウンリストにある「編集」ボタンをクリックすると、「フィールド名の編集」画面が表示されます。この画面では、フィールド名を変更することが可能です。また、チャートの詳細情報にこのフィールドを表示するかどうかを選択することが可能です。デフォルトでは「はい」を選択しています。「いいえ」を選択した場合、「確定」ボタンをクリックすると、フィールド名の色が暗くなり、区別が容易になります。

014.gif

3.2.2.6 Excelでエクスポートします

データセットフィールドのプレビュー領域にある「エクスポート」ボタンをクリックすると、データセットのデータをExcelでエクスポートすることが可能です。

015.png

3.2.2.7 データセットの保存

(1) 右上隅にある「保存」ボタンをクリックして、データセットのモデルをデータベースに保存することが可能です。

016.png

(2) 「保存」ボタンの右側にある小さな矢印をクリックすると、ドロップダウンリストが表示されます。「名称を変更」を選択し、データセットを保存して現在のデータセット名を変更することが可能です。

017.png

(3) 「保存」ボタンの右側にある小さな矢印ををクリックすると、ドロップダウンリストが表示されます。「名前を付けて保存」を選択し、現在のデータセットを新しいデータセットとして保存することが可能です。

018.png

(4) 「保存」ボタンの右側にある小さな矢印をクリックすると、ドロップダウンリストが表示されます。「保存してから新規作成」を選択し、現在のデータセットをデータベースに保存し、データセット編集領域をクリアし、引き続き他のデータセットを作成することが可能です。

019.png

3.2.3 データセットの編集

プロジェクトのリソース画面では、データセットをクリックすると、データセット定義画面が表示されます。この画面でデータセットの編集をすることが可能です。

020.png

3.2.4 データセットの名前変更

プロジェクトのリソース画面では、データセットにカーソルを当てて、フローティングメニューの「名前を変更」ボタンをクリックして、ポップアップ画面でデータセットの名前を変更することが可能です。

021.png

022.png

3.2.5 データセットの削除

データセットを削除するには、次の2つの方法があります。

(1)単一の削除

データセットにカーソルを当てて、フローティングメニューの「削除」ボタンをクリックして、単一のデータセットを削除します。

023.png

(2)一括削除

プロジェクトのリソース画面では、右上隅にある「一括削除」ボタンをクリックして、削除したいデータセットを選択してから、下部にある「削除」ボタンをクリックして一括削除することが可能です。

ただし、選択されたデータセットがチャートに使用されている場合、このデータセットに依存するチャートとアトラスは全て選択されたようになり、「削除」ボタンをクリックして一括削除することが可能です。

024.gif

3.2.6 データソースの切り替え

データソースの右側にあるボタンをクリックして、データセットのデータソースを切り替えることが可能です。

025.png

【注意】データソースを切り替えるには、2つのデータソースにあるテーブル構造が完全に一致していることを確保する必要があります。テーブル構造は、テーブル名、フィールド名、フィールド•タイプなどを含みます。

results matching ""

    No results matching ""