1 製品概要

1.1 データ可視化とは

コンピュータ学科分類において、データのインタラクションをする可視化表示および認知度向上の技術は、可視化と呼ばれます。この機能によって、不可視または直接な表示が困難なデータを理解可能な図形、符号、色、模様などにマッピングし、データの識別効率を高め、有用な情報を効率的に転送することが可能になります。 可視化の究極目標は、データに秘めている現象と法則を知り抜くことで、これは、発見、意思決定、解釈、分析、探求、学習などの複数の意味を含みます。 情報伝達手段によって、従来のデータ可視化方法は大体2つの分類に分けられ、即ち、探求性の可視化と解釈性の可視化です。前者は、データに含まれた情報が不明である分析段階では、可視化によってデータの特徴、傾向、異常を迅速に発見することを指し、これはデータ全体の情報を可視化設計と分析者に伝達するプロセスです。後者は、視覚的な表示段階では、既知の情報または知識に基づいて、可視化によって公衆に伝達することを指します。

1.2 SaCa DataViz導入のメリット

DataVizは、エンドユーザ自身で分析やレポートの作成ができるセルフサービスのBIツールです。様々なデータソースと連携しデータを自由に組み合わせ、かつ高速なデータ処理ができます。軽量化で便利なデータ分析機能、多彩なグラフとダッシュボード機能などを提供します。

DataVizは特別なITスキルを持っていなくても、ドラック&ドロップにより手軽に画面上で設定をしたり項目を選択したり、さまざまな形式で社内に散在しているデータを集計・連携・加工することができます。

さらに分析結果を見やすい形式でグラフやダッシュボードにすることができます。すべてのグラフやダッシュボードがデータと連動して最新情報をリアルタイムで更新し共有できます。

1.2.1 セルフサービス型分析

例えば、販売企業にとっては、どんな顧客が企業に最大の収益をもたらしますか?これらの顧客はどんな製品を購入しますか?彼らは他のカテゴリーでの支出状況がどうでしょうか?どの地域の売上は一番高いですか?これらの問題に対する回答は、企業の成長に不可欠な要素です。問題に対するデータ分析結果を適時かつ効果的に取得することによって、販売企業のために製品販売方針を絶えず修正し、企業全体の売上を上げることに役立ちます。SaCa DataVizによって、企業ユーザは業務データベースをデータ分析プラットフォームに簡単に接続させることが可能になり、データテーブルを選択し、データ関連付けを作成し、可視化分析が必要な業務データ範囲を選択してから、マウスを使ってディメンションデータと測定データをデータ関連付けエリアにドラッグした後、地域、ニッチ市場、類別および年度別などのディメンションによってデータを調べ、相応の正確なデータ可視化チャートを生成し、データ分析結果を可視化することが可能です。

SaCa DataVizを利用すれば、企業内のすべての業務担当者は業務の問題に応じて、相応のデータを分析し、より正確な分析結果を生成し、企業の意思決定に役立ちます。

img/introduction/1

1.2.2 データ分析報告書

例えば、お客様に業務データ分析報告をする際に、お客様を引き付けるために、無味乾燥なデータ報告をしますか? それとも、動的効果を備えるデータ報告を提供しますか?また、説明の中で、お客様からの質問に対して、まず記録し、会議後に再度整理してユーザにフィードバックしますか? それとも、お客様からの質問に対して、分析して報告しながら、回答しますか?どちらの場合はお客様が納得して、業務を十分に理解できますか?

分析報告について、すべての解説者は紙の報告書よりスタイリッシュなPPTの方がユーザーに要点を掴ませることができ、直観的なチャートがデータ報告表よりユーザの注目を集めることができることを知っています。いわゆる「千言より一図の方が良い」で、文字、チャートおよび画像の混成は、企業の業務説明をより生き生きとさせ、業務データの分析結果をより直観的にし、最終的に視聴者が納得しやすくなることを実現できます。

SaCa DataVizによって、企業ユーザは文字、画像およびチャートを簡単に編集したり、レイアウトをドラッグしたり、アトラス(ストーリーボード)のテーマを自由に調整したりすることが可能です。ブラウザによって、アトラスを動的に再生することが可能で、ユーザはいつでもどこでもデータに対して、フィルタリング、ソート、ドリルダウン、および変換を行うことができます。簡単なドラッグ、インタラクションの操作によって、お客様の問題に応じて速やかにデータ報告書を修正、更新し、お客様に正確な回答を提供することが可能です。 できる。

img/introduction/2

1.2.3 大型スクリーンによる表示

大型スクリーンによる表示業務は、一般的に複数の画像を同時に表示する手段を採用し、表示エリアの面積が大きくて、表示内容も豊富です。SaCa DataViz アトラスの解像度を固定する設定機能によって、ローカルコンピュータで大型スクリーンの可視化ダッシュボードを簡単に作成することが可能で、例えば、地図、折れ線グラフ、ヒストグラム、データフロー図、太陽放射図、ヒートマップなどのチャートを使用して、分析対象となる省の資源取引センター市場の取引状況を展示します。

img/introduction/3

1.3 SaCa DataViz 主な特徴

  • 多種多様なデータソース
  • 可視化データモデリング
  • ドラッグ&ドロップ操作によるセルフサービス分析
  • 自由にグラフ種類の切り替え 
  • 豊富なグラフ種類
  • ヒートマップ分析機能付きピボットテーブル
  • GIS地図上でのデータビジュアル化
  • リアルタイムデータ連携ダッシュボード
  • スタイリッシュな大型スクリーンに対応
  • 個性的なカスタマイズ配色
  • テナント・権限・システム管理機能

results matching ""

    No results matching ""