5.16 KPI変数参照

ストーリを作成する時、通常、テキストのコンテンツに動的な計算データを追加する必要があります。この場合は、KPI変数参照の方法で実現できます。

(1)まず、KPIチャートを作成する必要があります。チャートを作成する時に、KPIチャートのタイプを選択し、チャートを保存してチャート名を記憶します。

./img/story/106

(2)次に、チャートを作成する時に、ストーリーのタイトル、リッチテキスト・リソース、およびリソースブロックのタイトルで、${KPIチャート名}$の形式で参照できます。参照されたKPI変数は、再生時にKPIチャート内の実際の値として表示されます。

./img/story/107

./img/story/108

プロジェクトにKPIチャートがある場合、確認を容易にするために、ストーリーの編集画面の左側にあるアイコン・リソース領域の下方に、「KPI変数」項目が表示されます。この項目に使用可能なすべてのKPIが一覧表示されます。

./img/story/109

results matching ""

    No results matching ""